1. HOME
  2. ブログ
  3. 純菊芋焼酎「草の縁」誕生! 国内初、菊芋100%単式蒸留焼酎

純菊芋焼酎「草の縁」誕生! 国内初、菊芋100%単式蒸留焼酎

純菊芋焼酎 草の縁

大浦酒造株式会社より、 「純菊芋焼酎 草の縁(くさのゆかり)」が発売となりました。
この商品は、三つの事業体による共同開発商品となります。

醸造:大浦酒造株式会社(宮崎県都城市乙房町 / 代表取締役 大浦晋一)
生産:松川果実園(都城市平塚町 / 代表 松川宗由)
プロデュース:おかもと自然薯農園 (担当:岡元一徳)

大浦酒造が目指す、新たな一世紀へ向けての「縁(ゆかり)100年プロジェクト」

大浦酒造株式会社は、都城市内において創業100年を超える古参の醸造メーカーです。
現在も100年前と同じく、水や原材料、そして手造りにこだわるその姿勢は、全国に根強いファンをもつ銘酒蔵として知られています。
この商品は、これまでの100年を顧みて、これからの100年を創造するための縁(ゆかり)100年プロジェクトの第一弾商品として開発されたクラフト焼酎です。
小規模であることの小回りの良さをメリットに、多様な商品を生み出しています。

南九州における果樹栽培の先駆者、松川果実園

松川果実園は、南九州において、果樹栽培のパイオニアであり、その歴史は70年を超えます。
南九州の気候では、当時困難とされた葡萄栽培を成功させるなど、地域農産業における貢献は大きいものでした。
現在は、ブルーベリーや栗などを栽培し、積極的に加工品にも挑戦しています。

菊芋の機能性に早くから着目し、生産を開始。
元祖「菊芋チップス」は、都内の健康食品取扱店では、定番商品として認知されています。
この菊芋による焼酎開発は、松川氏にとっても新たな挑戦となりました。

”ゆらぎ”を愉しむ文化を提唱、おかもと自然薯農園

プロデュースとして、企画全体の構築において、それぞれの生産者の大切にしている理念や狙いを整えました。
共通することは、工業製品のような画一化された物ではなく、むしろ変化を愉しむような文化を提唱すること。

そこで、ワインなどで提唱される「テロワール」の考え方を参考に、毎年の気候による作物の変化を活かし、その違いそのものを愉しむことをコンセプトとしました。

醸造年度ごとに、ラベル表記も変えて、あえて個性を尊重することで、毎年変わるワインのような楽しみ方を目指しています。

お求めは、こちらから
▶︎ 大浦酒造株式会社オンラインストア
記事URL:https://shop.ooura-syuzou.net/

関連記事