1. HOME
  2. 目的
  3. 1.何のために農業を行うのか。農業者の機能と役割。そして、もっとも重要なこと。

1.何のために農業を行うのか。農業者の機能と役割。そして、もっとも重要なこと。

農業の目的とは何か、
自らをどのような農業者と定義するか。

 

「農業」と「自分」を再定義する

農業とは、何なのか。
農業において最も大切な事は何か。
社会における農業の役割とは何か。

そして、私たちは、何のために農業を行うのか。
農業者として、どのような役割を担うのか。

時代とともに、農業の在り方も、農業者の役割も変化してゆきます。
その中で私たちは、農業をどのように理解し、自らをどのような農業者と定義し、どのような目的をもって行動するのか。

私たちは、自らの考える農業の本質、農業者としての役割を明確にして活動しています。

おかもと自然薯農園が考える「農業の本質」とは

時代が変わっても、農業の本質は変化することはありません。
何のために農産物を生産するのか。
その答えがわかれば、本質は見えてきます。

安全な農産物をつくること

「食べる」ことで、身体と健康は作らています。
すなわち、私たちは食べる人の未来を創っている。
だからこそ、農業者の役割は重要であり、責任が伴う仕事なのです。

おいしくて、感動できる農産物であること

「おいしさ」は、本来の作物のチカラが有効に発揮された結果です。
そのため自然の摂理に逆らわず、経済のサイクルに合わせない。
私たちは、農産物を通して、おいしい「感動」を届けています。

「安全」な農産物をつくること。
そして「おいしい」感動を届けること。

これが、私たちの考える農業の本質です。

農業者の役割とは

おいしさは、日常の中にある、小さな喜びです。
私たちは「食べる」ことを通して、幸せを届けたい
「安全」と、おいしい「感動」を提供し続けるため、積極的に農業および地域社会の課題解決に取り組みます

農業の多面的活用

私たちは自らを「農業者」と称します。
私たちは「生産者」として、単に農産物の生産と販売だけでは終わらない
農業には、多様な側面があり、社会に提供できる機能があると考えています。
私たち「農業者」は、農の多様な機能を活用し、社会の課題解決を目指します
これが、私たちの定義する「農業者」の在り方です。「農力」の最大化で、明日を変えてゆきます。

おかもと自然薯農園の目的とは

農の可能性を最大限に引き出し、「安全」と「おいしい感動」と「農の多面的活用」により、社会のニーズに対応し、貢献すること
これが、おかもと自然薯農園が農業を行う目的です。

農業のチカラが活かされ、ひとりでも多くの方々が笑顔になれば、こんな素敵な事はありません。
時代が変化しても、農業者としての本質を忘れず、社会に必要な役割を担ってゆきます。