1. HOME
  2. 生産について
  3. 完全無農薬・無肥料栽培 露地野菜

完全無農薬・無肥料栽培 露地野菜

都城盆地の肥沃な大地が育む 露地野菜

露地野菜とは、ビニールハウスなどにより保護、管理しない屋外で栽培した野菜のこと。
霧島連峰に囲まれた都城盆地は、朝夕の寒暖差も大きく、肥沃な大地で育つ野菜は個性豊かに育ってゆきます。
おかもと自然薯農園では、すべての生産物は、完全無農薬・無肥料栽培で育てるため、病害虫などを抑えたり、育成を助けるためにコンパニオンプランツ(共栄作物・共存作物)の特性を活用しています。
これは、植物の持つ特性や相性が相互に作用し作物に有益な影響を与え合うことで、薬剤などの使用が不要になることや育成促進の働きを有効にする育成方法です。

  • 病気の予防
    殺菌作用のある植物(マリーゴールドなど)は、土壌の線虫に効果があると言われています。
    また、ネギやニラ、ニンニクなどは、根に共生する微生物がつくる抗生物質により病原菌を防ぐことができる特性があります。
  • 害虫の防除
    防虫対策として、香りの強い種類の植物には、虫を混乱させて遠ざける作用や戦略的に害虫を引き寄せる(バンカープランツ)の効果を活用しています。
  • 成長促進
    土壌内の成分などの多様化により、肥沃な成分か促進に良い効果を与えられると言われています。
    まだまだ明確な原因が解明されていないものの相互作用により、収量が増加する効果もあります。
生産について名
完全無農薬・無肥料栽培 露地野菜
販売期間
通年 *種類に応じて、最適な時期に出荷いたします。
用途
飲食店、通販サイト、ご自宅用
インターネット直売所